米FRBイエレン議長、追加利上げ示唆

おはようございます。株式会社プレミアバンクの森本です。

【1月19日(木) マーケットニュース】

米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は18日、サンフランシスコでの講演にて「次回の利上げは今後数カ月の景気動向次第だ」と指摘し、今年前半の追加利上げの可能性を示唆しました。

この発言を受け、米金融政策の正常化が進むとの見方から円売り・ドル買いが膨らみました。

金融株は昨年11月の米大統領選以降、トランプ次期大統領の下での金融規制の緩和や、景気刺激策を背景にした利上げ加速への期待から大きく上昇しています。

イエレン議長は本日19日にも、景気や金融政策見通しについて発言します。また明日よりトランプ政権がいよいよスタートということで、市場の思わぬ反応を生む可能性もありそうです。

●日経平均株価:19,095.91 +201.54(19日 09:05)
●NYダウ:19,804.72 -22.05(18日 終値)
●米ドル/円:114.59 ユーロ/円:121.83 (19日 09:20)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)