電気料金、来年2月上げ=原油高で9カ月ぶり―電力10社

おはようございます。株式会社プレミアバンクの柿本です。

大手電力10社全てが、2017年2月に電気料金を引き上げることが19日分かった。火力発電の燃料となる原油と液化天然ガス(LNG)の価格上昇を料金に反映させる制度に従い値上げする。標準家庭で前月に比べ、40〜75円程度の値上げとなる見通し。全10社が値上げするのは、再生可能エネルギーによる電気の買い取り制度に基づき、値上げした今年5月以来、9カ月ぶり。

値上げ幅は、石油での発電比率が高い沖縄電力が最も大きく、標準家庭で約75円高の6665円程度になりそうだ。中部電力と東京電力はそれぞれ70円前後の引き上げとなる見込み。

【12月20日(火) マーケットニュース】

●日経平均株価 19,400.85 -1.74(20日 9:56)
●NYダウ 19,883.06  +39.65(19日 終値)
●米ドル/円 117.182 ユーロ/円 121.947(20日 10:00)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)