3か国語に対応「自動翻訳タクシー」五輪を案内

おはようございます。プレミアバンクの柿本です。

KDDI(au)はタクシー会社と協力し、自動翻訳システムを搭載したタクシーの実証実験に乗り出す。

英語、中国語、韓国語と日本語を相互に翻訳し、外国人観光客と運転手との意思疎通を円滑にする。東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年の本格運行を目指す。

実験は東京都内で、2台のタクシーを使って20日から2017年3月まで行う。運転席と後部座席にスピーカーを設置し、運転手と外国人の会話を翻訳した合成音声を流すほか、座席のタブレットに翻訳文を表示する。

インターネット経由でデータを管理・運営するクラウドに、道路や観光地などに関する情報を蓄積し、自動翻訳を実現する。KDDIはクラウドにデータを送受信する通信回線の性能を向上させ、翻訳や音声認識の精度を高めたい考えだ。

【12月19日(月) マーケットニュース】

●日経平均株価 19,357.84 -38.50(19日 10:00)
●NYダウ 19,843.41 -6.83(19日 終値)
●米ドル/円 117.629 ユーロ/円 123.000(19日 10:02)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)