福島の地震、企業は東北の工場など被害状況確認

おはようございます。株式会社プレミアバンクの川野です。

【11月22日(火) マーケットニュース】

東北で22日午前6時ごろ起きた地震で工場などを持つ企業は被害状況の確認を進めている。トヨタ自動車東日本(宮城県大衡村)は岩手県、宮城県の工場などに被害がないか確認中。アイリスオーヤマ(仙台市)も宮城県内などの工場の状況を確認中との事だ。

警戒態勢に入り道路のパトロールなどを実施。東北電力によれば福島市内の一部で停電が発生しているが地震との関係は調査中との事。運転停止中の女川原子力発電所の設備に異常は見られていない。

仙台市青葉区のマンション12階では大きな揺れを長く感じたが、物が倒れたり落ちてきたりすることはなく同市宮城野区のマンション3階でも物が倒れるなどの被害はなかった。福島県郡山市のマンション7階では突き上げるような揺れを感じるも物は落ちていない。

福島市内のマンションでは12階で大きな横揺れを感じエレベーターが非常停止し、職場に向かおうとする人が足早に階段を降りる姿がみられた。

麻生太郎財務・金融相は22日午前の閣議後の記者会見で、同日朝に発生した福島沖を震源とする震度5弱の地震による金融機関への影響について、「大きな被害は出ていないと聞いている」と述べた。財務省で情報収集中との事。

●日経平均株価 18,089.93 -16.09(22日 11:00)
●NYダウ 18,956.69 +88.76(21日 終値)
●米ドル/円 110.75 ユーロ/円 117.46(22日 11:00)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)