トヨタ、スズキが提携交渉の検討へ

おはようございます。株式会社プレミアバンクの岩谷です。

【10月13日(木) マーケットニュース】

トヨタ自動車がスズキと業務提携に向けて動き出すことを発表しました。自動運転をはじめとした安全技術や環境、ITなどの分野で連携するとのことです。

世界の自動車産業のリーダー的存在であるトヨタでも、自動運転や環境対応などの技術は単独で普及させることは難しい時代になりました。先進技術の開発に課題を抱えるスズキと、提携先の自動車メーカーを広げて業界の技術革新を主導したいトヨタの思惑が合致したそうです。

軽自動車の雄でもあるスズキと協力関係を結び、トヨタの手による「オール・ジャパン」体制が完成することになります。

今後の普及が期待される自動運転や次世代エコカーなどに関する先端技術の開発はコスト負担が大きく、自動車各社は他社と連携する動きを加速させており、この一件でそれが強調されることとなりました。

鈴木修スズキ会長は、「独立した企業として経営していくことに変わりない」としながらも、自動車業界で激化する技術競争を踏まえ、「伝統的な技術を磨くだけでは将来が危うい」と危機感を表明しました。

豊田章男トヨタ社長は「環境が激変する中、生き抜くために必要なのは変化に対応する力だ」と語り、スズキとの提携の意義を強く主張し、具体的な提携内容は、両社で今後詰めると述べました。

トヨタがスズキと手を組むと、ダイハツなどのグループ企業、マツダなど「仲間」のメーカー分を合わせた国内シェアは6割を優に超すことになります。つまり、国内自動車業界はトヨタ、日産自動車、ホンダの3陣営に集約されることになります。

これだけのメーカーを束ね、トヨタは次世代の技術開発競争をリードしていけるのでしょうか。それは、日本の自動車産業の将来も左右します。公正な競争条件の確保をうたう独占禁止法などを踏まえ具体的な協力を模索していくことと、業界の盟主のリーダーシップが改めて問われることになるでしょう。


●日経平均株価 16,932.68 +91.23(13日 10:00)
●NYダウ 18,144.20 +15.54(12日 終値)
●米ドル/円 104.25 ユーロ/円 114.74(13日 10:00)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)