訪日客の消費3年半ぶり落ち込み

おはようございます。株式会社プレミアバンクの末廣です。

【8月16日(火) マーケットニュース】
 
内閣府が15日に発表した4~6月期の国内総生産(GDP)速報値のインバウンド消費を示す「非居住者家計の国内での直接購入」が前期比4.5%減となりました。マイナスは2012年10~12月期(5.7%減)以来3年半ぶりで、第2次安倍政権が発足してからは初めてです。

海外からの訪日客数は13年以降、前年を2~5割上回るペースで伸び続け、15年は1974万人に達し、客数増に伴いインバウンド消費も右肩上がりに伸びていました。13年は31%、14年は38%、15年57%とそれぞれ前年と比べ増加、1~3月期も前期比で8.1%増でした。

4~6月期の落ち込みは円高で旅行者の購買意欲が低下した影響が大きくなっています。
・1~3月期は1ドル=110~120円程度で推移
・4~6月期は約10円円高

日本百貨店協会によると、インバウンド消費が押し上げてきた全国百貨店売上高は6月まで4カ月連続で前年実績を下回り、4月に発生した熊本地震により、「九州の旅行需要が落ち込んだ」(石原伸晃経済財政・再生相)影響もあります。

16年1~6月の訪日客数は前年同期比28%増でしたが、「東南アジアの治安面に対する不安から、日本は消去法で旅先に選ばれている」と分析、今後については「為替の水準が円高に変わったことから、これまでの伸び率への回復は難しい」との見方もあります。

インバウンド消費はGDP上では外国人が日本で購入した財やサービスを「輸出」としてカウントされます。インバウンド消費自体の額からみると4~6月期の年率換算で約2兆9400億円で、輸出(90兆8560億円)全体の中では小さい割合です。

為替動向も踏まえ、7~9月期以降に盛り返してくるのか市場関係者の注目が集まっています。


●日経平均株価 16,869.56 -50.36(16日 9:10)
●NYダウ  18,636.05 +59.58(15日 終値)
●米ドル/円 101.27 ユーロ/円 113.27(16日 9:10)


ttl01

◇海外投資お役立ちガイドセミナー詳細(参加費無料

次回:2016年8月18日(木)先着3名様にQUOカード1,000円分プレゼント!
詳細:海外資産運用活用の基礎知識から細かい内容までポイントを分かりやすく解説
定員:10名(希望者多数の場合は先着順になります)
会場:株式会社プレミアバンク東京本社
〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28階
※2016年資産運用セミナー日程はこちらでご確認ください。

◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html
◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)