日銀追加緩和検討へ!

おはようございます。株式会社プレミアバンクの熊谷です。

【7月29日(金) マーケットニュース】

日銀は29日まで開く金融政策決定会合で、追加の金融緩和について検討しているもようです。複数の関係筋が明らかにしました。物価の上昇基調に弱さがみられるなか、政府が打ち出す経済対策と歩調を合わせることで金融政策の効果も高められるとの判断があります。資産買い入れ拡大を軸に、様々な可能性を議論しているとみられます。

日銀は、2013年4月から2%の物価目標達成を目指して国債など資産買い入れを進めています。もっとも物価(消費者物価指数、生鮮除くコアCPI)は14年には1.5%まで上昇した後は、上昇幅が低下基調をたどっています。

14年10月、今年1月と2度の追加緩和に踏み切ったものの、足元のコアCPIは前年比マイナス0.4%と水面下の推移です。

日銀内では、政府が打ち出す大規模な経済対策なども踏まえ、物価が先行き2%に向かって上昇していくシナリオは維持できることから、追加緩和に慎重な声も多く、手段の限界も意識される中で、世界経済の急激なショックに備える必要性を指摘する声もありました。

しかし、安倍晋三首相が27日、経済対策の事業規模を28兆円と表明するなど、政府がデフレ脱却に向けた財政政策を強調する中、平そくを合わせる形で金融緩和を強化することが、物価目標の早期実現に効果的との意見が日銀内で強まってきたとみられます。

緩和手段に関しては、1)国債増額、2)ETF(上場投資信託)買い入れ増額、3)マイナス金利の深掘りなどを含め、幅広くその可能性が議論されているもようです。

マイナス金利については、依然として効果と副作用は不透明なことから、慎重な意見も根強いです。政府の経済対策に歩調を合わせる形で財投機関債など新たな資産買い入れを検討する可能性もあります。

政府は、日銀が追加緩和を決めた場合、何らかの声明を出す見通しです。


●日経平均株価 16,356.24 -120.60(29日 13:00)
●NYダウ 18,456.35 -15.82(28日 終値)
●米ドル/円 103.76 ユーロ/円 115.05 (29日 13:00)


ttl01

◇海外投資お役立ちガイドセミナー詳細(参加費無料

次回:2016年8月18日(木)先着3名様にQUOカード1,000円分プレゼント!
詳細:海外資産運用活用の基礎知識から細かい内容までポイントを分かりやすく解説
定員:10名(希望者多数の場合は先着順になります)
会場:株式会社プレミアバンク東京本社
〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28階
※2016年資産運用セミナー日程はこちらでご確認ください。

◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html
◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)