上値の重い展開

おはようございます。株式会社プレミアバンクの岸本です。

【7月4日(月) マーケットニュース】

今週の日経平均株価は上値の重い展開、円相場ももみ合いになるとの見方が多いです。先週の株式マーケットは、英国のEU離脱の結果を受けて急落したリバウンド(下落幅1286円の5割強)相場でした。ここからは戻り待ちの売りが出やすくなり、上値が重い展開になると予想されます。

円高に伴う企業業績の下振れ懸念も上値を抑えそうです。主要上場企業の想定為替レートは1ドル105~110円だが、英国国民投票後はこれを上回る円高水準であるため、企業の業績予想を引き下げる動きが出ています。

それにともないアナリストの間では企業業績予想を引き下げる動きが出ています。もっとも、日銀の追加緩和の観測が高まってきたので、当面はこうした材料が株価を下支えしそうです。

円相場もリスク回避の動きが徐々に落ち着き、大幅な円売り・ドル買いに進むような材料は出にくいとみています。しばらくは方向感が定まらないでしょう。


●日経平均株価 15,611.51 -70.97 (4日 9:35)
●NYダウ 17,949.37 +19.38 (1日 終値)
●米ドル/円 102.56 ユーロ/円 114.16(4日 9:35)


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html
◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)