英国民投票 世界の金融の中心地・NYでも警戒感

おはようございます。株式会社プレミアバンクの酒井です。

【6月23日(木) マーケットニュース】

イギリスで行われるEU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問う国民投票を前に、世界の金融の中心地、ニューヨークでも警戒感が高まっています。

世界最大の資産運用会社で、日本のGDP=国内総生産にほぼ匹敵するおよそ480兆円の資産を運用するブラックロックは、リスクを避けようと、比較的安全な資産とされる金への投資を強めています。ニューヨーク市場で取り引きされる金の先物価格は、今月16日に一時、1オンス=1300ドルを上回り、およそ1年10か月ぶりの高値をつけました。

ブラックロックで資産を配分する部門の責任者、ラス・コーステリッチ氏は、「イギリスが離脱を決めると、イギリス経済に加えて、EUの存在自体にも疑念が持たれるので、金融市場はとても不安定な状態になるだろう。このため、市場の変動が大きくなることに備えて、われわれは金への資産配分を増やしている」と述べました。

また、コーステリッチ氏は、安全資産として日本の通貨、円にも注目しているとした上で、「円は今年初めからかなり値上がりし、最も強い通貨の1つとなっている。イギリスの離脱が決まり、リスク回避の動きが強まれば、円高は加速し、おそらく1ドル=100円程度まで上昇するだろう」と述べ、国民投票の結果次第では円高が一層進むという見方を示しました。


●日経平均株価 16,092.52 +26.80(23日 9:30)
●NYダウ 17,780.83 -48.90(22日 終値)
●米ドル/円 104.84 ユーロ/円 118.82(23日 9:30)


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html
◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)