日銀 物価見通し引き下げ「成長率の伸び悩み」

おはようございます。株式会社プレミアバンクの酒井です。

【6月22日(水) マーケットニュース】

日銀は、今年4月に開いた金融政策決定会合の「議事要旨」を公表し、この会合で物価の見通しを引き下げた理由は、9人の政策委員全員が成長率や賃金の伸び悩みという認識で一致していたことが分かりました。

日銀は、今年度以降の物価の見通しを引き下げたうえで、目標とする2%の物価上昇率を達成する時期を、それまでの「来年度前半ごろ」から「来年度中」という表現に改め、後ろにずれ込む可能性を示しました。

21日公表された議事要旨によると、今年度の物価の見通しを引き下げた理由については、「これまでの修正と異なり原油価格の想定の変更というよりは、成長率や賃金上昇率の下振れによるものだ」という認識で、9人の政策委員全員が一致していたことが分かりました。

そのうえで、ほとんどの委員はマイナス金利政策の効果について、ある程度の時間がかかるものの物価にも着実に波及するというという見方を示しています。

一方で、複数の委員からは、円安による物価の押し上げ効果は次第に小さくなっていくという意見や、賃上げの水準が去年を下回ったことで今後の物価の動きを慎重に見るべきだという意見が出され、物価が上昇傾向をたどっていくかどうかを巡って、慎重な見方もあることが改めて示されています。


●日経平均株価 16,072.84 -96.27(22日 10:00)
●NYダウ 17,829.73 +24.86(21日 終値)
●米ドル/円 104.77 ユーロ/円 117.84(22日 10:00)


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html
◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)