確定拠出年金の利回りについて!

おはようございます!株式会社プレミアバンクの熊谷です。

【6月7日(火) マーケットニュース】

格付投資情報センターが確定拠出年金の運用管理会社4社を対象に集計したところ、2015年度末までの通算利回りは年率換算で1.78%でした。株安や円高を背景に、運用利回りは過去最高だった前年度末に比べ3ポイント強低下しました。

プラスの利回りを維持する加入者の割合が3年ぶりに9割を下回るなど、運用元本割れも目立ちます。確定拠出年金は01年に導入された企業年金の仕組みの一つです。企業が出す掛け金を元手に加入者個人が商品を選んで運用します。加入して半年以上の人を対象に、加入以来の利回りを集計し年率換算しました。対象は約312万人と加入者の6割近くを占めます。

利回りがマイナスになった加入者の数は約35万6000人と11%を占め、15年9月末比で万人近く増えました。株式を組み入れた投資信託で運用し、相場下落により利回りが悪化したとみられています。

一方、定期預金のみで運用したままの加入者は依然多いとみられます。利回りがゼロから1%の加入者が全体の4割と最も多い状況が続いています。


●日経平均株価 16,546.90 (7日 9:00)
●NYダウ 17,920.33(6日終値)
●米ドル/円 107.36 ユーロ/円 121.99(7日 9:00)


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html
◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)