図書カードもクラウド管理の時代に!

皆さまおはようございます!株式会社プレミアバンクの星野です。

【5月31日(火) マーケットニュース】

6月1日より日本図書普及株式会社は、凸版印刷株式会社と富士通エフ・アイ・ピー株式会社が提供・運営する「サーバ管理型プリペイドASP サービス」を活用した「図書カードNEXT」を加盟書店で発行します。

図書カードNEXTは、複製防止用に特殊加工されたカード裏面のQRコードを専用端末で読み取り、サーバーにインターネット経由で接続して、管理されているカード残高を照会する仕組みとなります。

これまでの図書カードでは、残額はカード自体に磁気で記録され、利用者はカード自体に穴をあけて大まかな残額が確認できるだけでした。

今後、カード裏面に記載されたID番号とPIN番号を専用のウェブサイトに入力することで、スマートフォンなどでも、過去に利用した書店や日時、金額、残額が確認可能となります。

ピーターラビットシリーズ、東山魁夷シリーズ、富士山シリーズの3シリーズ・10種をラインアップし、初年度4000万枚を発行します。オリジナルカードも製作可能とのことです。
 
なお、従来の図書カードの発行は6月に停止されるが、その後でも利用は可能となり有効期限も無期限となっています。また、書店に設置される専用端末も、QRコードと磁気の読み取りに対応するハイブリッド型になるとのことです。


●日経平均株価 17,068.02 +233.18(31日 9:00)
●NYダウ 17,873.22 +44.93(30日 終値)
●米ドル/円 110.82 ユーロ/円 123.51(31日 9:00)


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html
◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)