【りそなHD】印鑑不要のサービスを全店舗に導入

こんにちは。株式会社プレミアバンクの唐仁原です。

【5月24日(火) マーケットニュース】

りそなホールディングス(HD)は2019年3月までに傘下のりそな銀行、埼玉りそな銀行の全店舗で印鑑の代わりに、指の静脈情報を登録することで口座開設ができるサービスを導入する予定です。りそなHDによると、印鑑不要のサービスを全店舗に導入するのは大手行で初めてのことです。

来店客の静脈データを近赤外線カメラで読み取り、事前登録した静脈データと照合することで本人確認を行います。口座開設後は窓口でキャッシュカードのみで高額の現金引き出しや振り込み、投資信託の購入ができるようになります。貸金庫の開設や紛失した通帳・キャッシュカードの再発行の手続きも印鑑不要となります。

りそな銀行は昨年11月に「次世代型店舗」を開設し、印鑑不要や土日祝営業など、今までの銀行とは変わった新たな取り組みをしています。(参考:大手邦銀で初めて印鑑・書類無しで口座開設ができる「次世代型店舗」)

今後の取り組みでは、三井住友銀行がサインのみで本人確認ができる「サイン認証」サービスを来年2月ごろから一部店舗で試験導入する予定で、顧客が店頭の専用端末にサインすると事前に登録された筆運びや筆圧などの電子データとの照合で本人確認ができるものです。

今後の銀行の変化に注目が集まります。


●日経平均株価 16,552.01 -102.59 (24日 10:30)
●NYダウ 17,492.93 −8.01(23日 終値)
●米ドル/円 109.26 ユーロ/円 122.51 (24日 10:30)


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html
◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)