盲導犬同伴お断りで、9割が嫌な思い

おはようございます。株式会社プレミアバンクの森本です。

【5月11日(水) マーケットニュース】

盲導犬を連れている視覚障害者の89.2%が「嫌な思いをした」経験を持つことが、公益財団法人アイメイト協会(東京)の調査で分かりました。

身体障害者補助犬法は、盲導犬を理由とする入店拒否を禁止。4月に施行された障害者差別解消法も「不当な差別」に当たるとして禁じています。

嫌な思いを経験した場所(複数回答)では、レストランや喫茶店などでの入店拒否が78.9%と最多。ホテルなどでの宿泊拒否(33.3%)、病院(20.0%)が続いています。

同協会は「視覚障害者が日常的に利用する施設で、盲導犬同伴の受け入れが進むように周知を進める必要がある」としています。


●日経平均株価 16,751.28 +186.09 (11日 9:30) 
●NYダウ 17,928.35 +222.44 (10日 終値)
●米ドル/円 109.12 ユーロ/円 124.13 (11日 9:20)


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html
◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)