円、続落し107円台前半 対ユーロも続落

おはようございます。株式会社プレミアバンクの吉野です。

【5月9日(月) マーケットニュース】

9日早朝の東京外国為替市場で円相場は続落して始まった。8時30分時点では1ドル=107円31~34銭と、前週末17時時点に比べ37銭の円安・ドル高水準で推移している。

6日にニューヨーク連銀のダドリー総裁が今年2回の利上げ見通しについて「妥当な予想」との認識を示したと伝わり、米利上げによる日米金利差の拡大を意識した円売り・ドル買いが先行している。

6日の米株高を受けてきょうの日経平均株価が上昇して始まる可能性が高いことも円相場の重荷となっている。円はユーロに対しても続落して始まった。8時30分時点では1ユーロ=122円30~34銭と、同17銭の円安・ユーロ高水準で推移している。対ドルでの円売りが対ユーロにも波及している。

ユーロの対ドル相場は続落して始まった。8時30分時点では1ユーロ=1.1393~97ドルと、同0.0027ドルのユーロ安・ドル高水準で推移している。


●日経平均株価 16,246.65 +142.47 (9日 9:30) 
●NYダウ 17,740.63 +79.92(6日 終値)
●米ドル/円 107.47 ユーロ/円 122.35 (9日 9:30)


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html
◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)