今後のダウ平均株価について!

おはようございます!株式会社プレミアバンクの熊谷です。

【4月1日(金) マーケットニュース】

アメリカを代表する株価指数に、ダウ平均株価があります。下記チャートは、ダウ平均株価の1980年〜2015年までの約35年間の長期チャートです。2016年現在は18,000ドル付近ですが、みなさんは1900年のダウ平均株価が100ドル以下だったのをご存知でしょうか。

例えばアメリカ市場はこの数十年だけをみても、以下のように数々の金融ショックや戦争に巻き込まれてきました。その度に株価は大きく下落し、しばらくするとまた上昇することを繰り返してきました。

20160401

1971年 ニクソンショック
1973年 第一次オイルショック
1980年 第二次オイルショック
1987年 ブラックマンデー
1990年 湾岸戦争
2000年 ITバブルの崩壊
2001年 同時多発テロ
2003年 イラク戦争
2008年 リーマンショック
2010年 ギリシャ問題

そして、後からみてみると、株価は見事に右肩上がりとなっています。いろいろな問題が起こりつつも、アメリカの実態経済は平均すると年率3%以上の成長を続けているのです。

確かに、リーマンショックなどは、短期的にダウ平均株価が大きく下落し、株式に投資をしていた方々は大きな損失を出したことでしょう。しかし、あれほどの大きな下落すらも、僅か3年余りで元に戻り、2013年には史上最高値を更新しています。

では、これからもアメリカの株価が史上最高値を更新し続け、右肩上がりに成長していくのか。もちろん、これからもいろいろな問題が起こり、株価が大きく下げる局面も来るでしょう。しかし、長期的にみると、アメリカの株価は今後も右肩上がりに成長していく可能性は高いと思っています。

ですがそれは絶対ではありません。この先、戦争や金融危機など不足の事態により、アメリカの成長が止まってしまう可能性もあるでしょう。


●日経平均株価 16,578.76(1日 9:10) 
●NYダウ 17,85.03(31日終値)
●米ドル/円 112.53 ユーロ/円 128.03(1日 9:10)


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html
◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)