日経平均続伸、上げ幅拡大し一時550円高

おはようございます。株式会社プレミアバンクの吉野です。

【3月2日(水) マーケットニュース】

2日早朝の東京外国為替市場で円相場は大幅に反落している。8時30分時点は1ドル=114円05~08銭と、前日17時時点に比べ1円10銭の円安・ドル高だった。

1日に米サプライマネジメント協会(ISM)が発表した2月の製造業景況感指数が市場予想を上回り、米景気の先行き不透明感の後退で同日のダウ工業株30種平均が上昇した。投資家のリスク回避姿勢が後退し、円売り・ドル買いが先行している。

円はユーロに対して反落している。8時30分時点は1ユーロ=123円99銭~124円02銭と、同1円15銭の円安・ユーロ高だった。対ドルでの円売りが対ユーロに波及した。足元で急速に円高・ユーロ安が進行したため、持ち高調整の円売り・ユーロ買いが出た面もある。


●日経平均株価 16,650.86 +545.09(2日10:30)
●NYダウ 16,865.08 +348.58(1日終値)
●米ドル/円 114.07円 ユーロ/円 124.00円 (2日10:30)


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html

◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)