初のマイナス金利導入へ

皆様、おはようございます。株式会社プレミアバンクの小林です。

【2月1日(月) マーケットニュース】

日本銀行は29日の金融政策決定会合で、民間金融機関が日銀の当座預金に一定以上のお金を預けた際、手数料を払う「マイナス金利政策」を2月16日から実施します。利点としては、マイナス金利が市中で広がれば設備投資や住宅購入を促進する効果が考えられます。

巨額の借金を抱える国の財政も楽になり、個人消費を刺激することも期待されていることから金利差に着目した投機家の円売が増え、円安を促す効果もあると考えられています。

欠点は、金利収入を稼ぐのが本業の金融機関の収益を圧迫するとされていて融資先に金利を払う一方で、預金金利をそれ以上にマイナスにできなければ逆さやとなります。スイスやスウェーデンといったマイナス金利を導入している欧州銀行の下落率は、4~6割に達し大手銀行の間ではリストラが加速しています。

私達の身近な所では、自動車ローンや教育ローンなどの金利も下がるとみられ個人消費の回復を後押しする可能性があり、円安進行で輸出企業の収益が底上げされれば、賃上げの動きが広がります。その一方で円安進行は輸入品の価格上昇を招き、輸入に頼っている小麦粉や大豆を使った食品の価格が上がる恐れがあります。

マイナス金利は、企業の心理を改善させることで設備投資や賃上げを促していくものですが、狙い通りの効果がでるかは見通しにくく人口減が進むなか企業は、生産現場の海外移転を進めており、国内の設備投資意欲につながるかどうかは、不透明な面もあります。

しかし、相場の転換点となるとの見方もあり「貯蓄か投資へ」と投資行動が変わる絶好のタイミングとなる可能性があるとの期待示しています。


●日経平均株価 17,782.94円 455.02 (1日9:30)
●NYダウ 16,466.30ドル -129.19(29日終値)
●米ドル/円 121.26円 ユーロ/円 131.32(1日9:30)


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html
◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)