昨年の貿易収支 5年連続赤字も大幅縮小

皆様、おはようございます。株式会社プレミアバンクの不破です。

【1月25日(月) マーケットニュース】

輸出から輸入を差し引いた去年1年間の日本の貿易収支は2兆8322億円の赤字となり、5年連続の赤字となりましたが、原油価格の下落の影響で輸入額が減ったことから、赤字の規模は、12兆円を超えて過去最大となったおととしに比べ大幅に縮小しました。

財務省が発表した貿易統計によりますと、去年1年間の輸出額はアメリカ向けの自動車やアジア向けの電子部品の輸出額が増えたことなどから、おととしより3.5%増え、75兆6316億円となりました。

一方、輸入額は原油価格の下落の影響で原油やLNG=液化天然ガスなどの輸入額が減少したため、おととしより8.7%減り、78兆4637億円となりました。この結果、輸出から輸入を差し引いた去年1年間の貿易収支は2兆8322億円の赤字となり、5年連続の赤字となりました。ただ、赤字の規模は過去最大となったおととしの12兆8161億円と比べ大幅に縮小しました。

また、合わせて発表された去年12月の貿易収支は、原油価格の下落の影響などで1402億円の黒字と2か月ぶりに黒字になり、財務省は「当面は原油価格の下落の影響で輸入額の減少傾向が続くとみられる」としています。


●日経平均株価 17,200.55円 +242.02  (25日11:30)
●NYダウ 16,093.51ドル +210.83(23日終値)
●米ドル/円 118.776円 ユーロ/円 128.339(25日11:30)


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html
◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)