イエレン議長、外国の低インフレ不安視する必要ない

おはようございます。株式会社プレミアバンクの前島です。

【12月25日(金) マーケットニュース】

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は「諸外国のインフレの欠如を懸念する必要はない」「HSBCホールディングスは最近、外国の低インフレが米金融当局による来年の利上げを限定するだろう」と警告した。

これに対しゴールドマンは、イエレン議長らが年4回の利上げに踏み切ると予測し、ゴールドマンのデービッド・メリクル氏とダーン・ストルイベン氏は、23日配布した顧客向けリポートで「世界的なデフレ圧力が商品価格下落やドル高の影響を超えて広がっているという証拠はほとんどない」と指摘した。

ゴールドマンは、米経済がフル稼働に達する中で来年はインフレが緩やかに加速していくと見込む一方、HSBCは年2回の利上げを予想。

チーフグローバルエコノミストのジャネット・ヘンリー氏は最近のリポートで、実際の世界の成長と潜在成長率との格差が来年は広がり、これが米国のインフレ率を押し下げると主張した。「米金融当局の政策は外国の情勢に振り回され続ける」とみている。
今後も、注目して動向を見ていく必要があるだろう。


●日経平均株価 18,823.91 (25日9:30)
●NYダウ 17,552.17(24日終値)
●米ドル/円 120.219円 ユーロ/円 131.817円(25日9:30)


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html

◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)