インドネシア初の地下鉄  日本の技術力アピール

おはようございます。株式会社プレミアバンクの不破です。

【12月11日(金) マーケットニュース】

インドネシアで初めてとなる、ジャカルタの地下鉄トンネル工事の様子が10日、メディアに公開されました。このトンネル工事は総工費が1400億円余りで、日本の円借款を利用して日本と地元の建設会社による共同企業体が2013年から建設を進めています。

ジャカルタでは経済成長に伴って交通渋滞が深刻さを増しており、その解消として地下鉄は期待されています。インドネシアのインフラ整備を巡っては、中国が高速鉄道を受注するなど力を入れていて、日本としても地下鉄の建設を通じて高い技術力をアピールすることで、さらなる受注につなげたい考えです。

インドネシアとインドの高速鉄道受注で激しく争っていた日本と中国。今後も東南アジアを中心にインフラ整備の競争が続きそうです。


●日経平均株価 19,098.69 (11日9:30)
●NYダウ 17,574.75(10日終値)
●米ドル/円 121.97円 ユーロ/円 133.39円(11日9:30)


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html

◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)