フェイスブック株99%を慈善活動へ

おはようございます。株式会社プレミアバンクの須藤です。

【12月2日(水) マーケットニュース】

米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、慈善運動の推進のために、保有する自社株の99%を生涯にわたり寄付する計画を発表しました。
きっかけは、妻のプリシラ・チャンさんとの間に女児を授かった事といいます。

先週誕生した娘マックスとの写真と、娘宛ての手紙をフェイスブックに投稿しています。手紙の中で、健康や教育などの問題に触れ、全ての子どもの可能性を高めて平等を促進するために設立した「Chan Zuckerberg Initiative」に寄付をするそうです。

同社株99%は現在の価値で約450億ドルで、日本円で約5兆5300億円になります。

夫妻はこれまでにも16億ドルを慈善活動のために寄付していて、ザッカーバーグ氏は少なくとも今後3年間は年10億ドルを上回る寄付を行わない計画で、当面同社の経営権を維持することになります。

フェイスブックによると、マキシマちゃん(愛称マックス)は感謝祭の週の前半に誕生しました。


●日経平均株価 19.933.21(02日10:00)
●NYダウ 17.888.35(01日終値)
●米ドル/円 122.91円 ユーロ/円 130.58円(02日10:00)


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html

◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)