企業のイラン進出支援・投資協定合意

皆様おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。

【10/15(木)  マーケットニュース】

先日、岸田外相はイラン外務省でザリフ外相と会談し、日本とイランの投資協定を結ぶことに合意しました。欧米諸国などによる対イラン経済制裁が来年にも解除されることをにらみ、日本企業の進出を支援したい日本と、外資の呼び込みを狙うイランの利害が一致した格好です。

投資協定は、日本企業待遇をイランの企業と同水準とし、部品の現地調達比率を高く設定したり、技術移転を強要したりすることを原則禁止する内容となっています。
人口8,000万人近くのイランは中東最大規模の消費市場で、日本企業は自動車や医療器具などの輸出拡大を期待しています。

ただ日本からの投資は、イラン核開発能力を大幅に制限するとした欧米などとの合意を着実に履行する事が前提となりそうです。


●日経平均株価 17,891.00(15日9:20)
●NYダウ 16,989.32(14日終値)
●米ドル/118,95円 円 ユーロ/136.51円 
(15日9:20)


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html

◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)